« [JEF] ネタはいろいろ | トップページ | [JEF] 広島行きはかなり非現実的になった »

2007/10/21

[JEF] 負けたけど、落ち込んではいない

 連勝はとぎれてしまったし、負けたんだから落ち込んだり嘆いたりしなくてはいけないのかもしれないけど、不思議と落ち込んではいません。そりゃ、連勝は続けたかったし、負けたくはなかったけど、凄くジェフのことを誇りに思える試合だったので、落ち込んではいません。

 いつもどおりにフクアリに着くと凄い行列で、西1ゲートの一般入場列には赤い人がいっぱい。この時間に行ってトイレの裏の方まで行列が伸びていたのって今回が初めてじゃないかな?ちなみに優先入場の列の方は既にトイレの前あたりまで伸びていてかなりびっくり。そんな行列の状況だったこともあったからかいつもより30分近く早く入場開始。

 選手カードを購入して、新しいグッズを買ったり。ついでに(?)に勇人のサイン入りユニフォーム(7番じゃないんだ!12番でした)を購入したり。

 前半、良い攻めを見せていたものの最後の決め手を欠いたり、パスミスだったりで流れを引き寄せられないうちに先制点を許す。レッズはポンテ選手やワシントン選手、長谷部選手などが良い動きでチャンスを作っているし、危ない時間が続く。ジェフは落ち着いてためを作りたいんだけど、巻がトゥーリオ選手にマークされたりしてうまくいかない。2失点目はマークがつききれないうちにクロスをあげられ決められる。正直、2失点は厳しいがレッズだって疲れている選手もいるんだから、後半勝機が見えてくるかもしれないと思いながらハーフタイムを過ごす。

 後半から、怪我のためかここ数試合の切れがなかった新居に代えてレイナウド、怪我した勇人に代えて楽山で浩平をボランチ、山岸が右、羽生がトップ下と変更。レイナウドが入ったことで作りたかったためを作れるようにはなったが、この時点では流れを変えることが出来ず、先にジェフにとって残酷とも言える3点目を奪われてしまう。これで、レッズが安心したと言うこともあるだろうがレッズの足が止まりだした。レイナウドが反撃ののろしとなる公式戦初ゴールを決めると流れはジェフへ、それでも最後のところで冷静さを欠き、フィニッシュが決まらず中々追加点が奪えない。だが、諦めずに頑張っていたご褒美か、やっとファウルを取って貰えたレイナウドが良い位置でFKを獲得。自分で蹴ったボールは壁に跳ね返されるが、うまく羽生のところに戻ったボールをシュートで2点目。この時点ではまだまだ時間があるので、同点いや逆転のチャンスもある。選手達も行け行け状態で、その暫く後に絶妙な崩しで山岸がゴールを決めたかに見えたが、残念ながらオフサイドの判定でノーゴール。この後も一生懸命戦い続けていたし、気持ちを切り替えて再度同点を狙いたかったけれど、これでちょっと疲れが出てしまったかな。この後残念ながら、勢いが止まってしまったように思います。そして、同点ゴールを奪うどころか、ロスタイムに突き放されてジエンド。とても残念な形で連勝がとぎれてしまった。

 ただ、最後まであきらめずに戦い続けた選手達を誇りに思うし、連勝は次の試合からまた始めたら良いのだと思います。いつだったか、赤沼さんが観戦レポートの中に、まだジェフには老獪さが足りなかったみたいなことを書いていたのをふと思い出した。その時からまだ時間はそんなにたってないんだから、この試合みたいに若さやもろさが出ても仕方ないかもしれない。試合が終わった直後はただ悔しさだけが残ったが、時間がたつにつれそう思えるようになってきた。

| Twitter「つぶやく」ボタン

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62284/16824170

この記事へのトラックバック一覧です: [JEF] 負けたけど、落ち込んではいない:

コメント

コメントを書く