« [JEF] 勇人の復帰はあるのか? | トップページ | [JEF] 姉崎にも中台にも行けず »

2007/06/24

[JEF] 坂本を返り討ちにはできず

選手紹介の時には拍手もブーイングもせず、交代の時に時間稼ぎしてたことにはブーイング、試合終了後にジェフの選手達のところに一人一人挨拶に行く姿には拍手っていうのが、この日の自分の坂本選手に対するスタンスでした。

さて、前半は連戦の疲れと暑さのせいか両チームともちょっとあり得ないようなミスを繰り返している場面もあり、相手の作戦もあったのかエンジンかからないまま0-0で終了。後半開始早々、DF陣がオフサイドだと思いこんでいたからか、詰めが甘く失点。ここから、エンジンが少しかかったがでも連戦での疲れとかのせいか、判断や動き出した選手への中盤からのボールだしのタイミング、ディフェンス時の詰め方という点についての甘い感じは残ったまま。同点ゴールを奪う前にやはりDFが甘くなったところで追加点を奪われた。正直、どちらもなんてことはない集中して守れていれば防げたはずの失点のように自分には思えた。

さて、選手交代でフレッシュな選手が入ったこともあって、ここからやっとエンジン全開モードに入ったジェフ羽生の魂の籠もったゴールで1点差まで迫るが、同点ゴールを奪うまでは行かず、残念ながら負けてしまった。

個人的にはスタメンに疑問があった。黒部の使い方とサイド。
クロスボールのために高さのある黒部を使ったようなのだけど、これまで見ていた限り(限られた試合数しか見てないので正しくない可能性も大いにあるけど)、黒部の空中でのボールの扱いはそれ程うまくないように思われた。巻だけに負担をかけるのは申し訳ないが、うまくコンビが組めるようになってきた新居とのコンビで使ってほしかった気もする。
もう一つは、羽生の左サイドでの起用。あれ程フリーの羽生にボールが行かない位だったら、ラクがスタメンで良かったのではないか?皮肉なことだけど、交代で入ったラクは結構良い動きをしていたように思う。
ただ、これらのことはあくまでも結果論なところもあり何ともいえないところがあるのも確か。特に黒部にあったいくつかのチャンスのどれかを決めていればチームがさらに良い方向に進めただろう。

ところで、甲府戦のシャムスカ監督のコメントがこの日のジェフにも妙にしっくり来る気がする。
...主導権を握られたのはファースト、セカンドボールが取れなかったから。後半は、...を投入してからスピードを活かしてダイナミックさを我々は取り戻した。そこからかなりのチャンスを作ったがそれを結果に結びつけることが出来なかった。甲府の攻撃は効果的で作ったチャンスをモノにした。勝つチームは作ったチャンスをモノに出来る。

| Twitter「つぶやく」ボタン

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62284/15542379

この記事へのトラックバック一覧です: [JEF] 坂本を返り討ちにはできず:

コメント

コメントを書く