« [JEF] 5月病をぶっ飛ばせ! | トップページ | [JEF] よりによって鳥養くんのゴールを見逃すとは »

2007/05/20

[JEF] 羽生が無事で良かった!

正確には無事とはいえないかもしれないが、大事に至らなくて本当に良かった。自分の席からは遠いのと他の選手で死角になっていたため全く様子がわからなかったがテレビを見ていた方のコメント見て、凄く心配だったので少しほっとした。

試合の方は、前半で決まってしまったと言えるのかもしれない。ただ、後半になって相手が余裕を持ってきてマークとかがルーズになったこともあって、後半攻勢に転じてからは互角以上の戦いができていた。羽生のアクシデントと突然の豪雨が無ければ、1点差か同点に追いつくくらいはできたかもしれないが、残念ながら晃樹の1ゴールだけになってしまった(逆にもっと失点してた可能性もあったけど)。後半2回くらいは味方にボールが当たってブロックされ、それがなければ入ってそうに見えた場面があったような気もするし、運がなかった部分もあるように思う。だけど、前半は一人一人が少しずつボールに対する執着心が足りないように感じたのも事実。

でも、何があっても応援続けますよ。選手達よりも先に自分たちが諦めていたら、何のためにいるのだがわからなくなるから。少なくとも今は怒りの矛先を選手に向けるべきではないように思う。

| Twitter「つぶやく」ボタン

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62284/15131929

この記事へのトラックバック一覧です: [JEF] 羽生が無事で良かった!:

コメント

lumneskさん
 長文&力作のコメントありがとうございます。
 あの場面は正直レッドカード&PKでもおかしくはなかったと思いました。実際問題、第4審は何度も主審にPKか?って確認してましたから、どちらとも言える微妙な状況だったのでしょうね。

 今のところは、仕事の都合でどうやっても水曜日に広島には行けないのですが、例え現地に行けなくとも勝利を信じて応援を続けていきたいと思います。

投稿者: さっちゃん (2007/05/20 16:31:38)

さちぃさん
 コメントありがとうございます。
 本当に怪我人が多いですね。今年がどうこうというのではなく、今までのつけが...という気もしています。

 自分はあまり見ないので良くわからないのですが、掲示板とかそうゆう人が多いですかね?まあ、元の強いジェフに戻れば誰もそんなことは言ってこないと思うので、頑張るしかないですね。

 怪我人が戻ってくるまで、苦しい戦いが続くかもしれませんが、お互いに応援頑張りましょう!

投稿者: さっちゃん (2007/05/20 16:09:50)

まったく!一瞬、即救急車!と叫んだ瞬間でした。衛星中継で見ていた分だけ、局面画像で把握していましたが、左から見事にテクで上げたボールに、羽生選手が同時とも言える起動でヘッドシュート体制に飛び上がった瞬間、「決まりだ!」と思ったほど見事な展開。しかし、羽生選手が飛んだ直後、右やや後方から森田選手が頭から突っ込んで、既に上空でボールを叩きに行っていた羽生選手の右前頭部とボールに、事実上の凄まじいカウンター一撃!上空で喰らった羽生選手は、そのままフィールドに叩きつけられる。一瞬、明らかにコントロールできない状態から危険なプレーをしたものとJリーグが禁ずる、選手生命にかかわる無理なプレーとして森田選手にレッドが出ると想定しましたが、おそらくはボールに触れればその限りに非ず、と言う参考例の結果。
 フィールドに落ちた羽生選手は、痙攣し、顔を歪めながらも、おそらくは本能で直ちに立ち上がろうともがく姿を見て、思わず「立つな!即救急車!」と叫んでしまったほどに、まさしくサッカーでも珍しいほどのカウンターパンチでしたが、それでも立ち上がろうとする羽生選手のプロ魂・・・と言うよりも、何か、自分はサッカーというものを通じてこそ生きている!と言わんばかりの無意識の強さに、鳥肌が立つ思いでした。
 プレスがプレスにならず、相手を無視したようなチームとしてのカバーリングの消滅、両翼のクロスに頼りきって二列目の入り直しのスペース増を失した戦いで自らを窮地に追い込む千葉が続いていますが、それでも支配的に組み立てられる能力と、羽生選手が見せた随一の意志があれば、千葉がそのままにして強力に覚醒することはそれほど難しくとは思えないもどかしさもあります。このゲームも、相手がシュートを打ってもいないのに2失点するのは何故か?そこに攻守連動性こそチーム力であるはずの千葉が、無為なフリーランニングに時を費やしてしまうヒントがあるのではないでしょうか。
 今回は、相手が失笑するような失点を連続して与えたことで、相手の自信として羽生選手を撃墜するに至る侮りを与えたように思えます。昨今は、相手が千葉を研究しているのではなく、相手が千葉になりたがっている!ように見えます。それを逆手に弾き飛ばす素養は本来十分であり、あとはチーム連携としての知恵をどこまで上げるか。
 おっしゃるように、球際での淡白さやリバウンドへの準備など、どうにも不完全燃焼的なシーンが見られますが、むしろ球際を要しないほど素早くコンパクトな連動性を期待したいほどに。怪我人続出とカード累積で局地的な次回ナビスコは、この侮りを排し、脅威を見せつける堂々の勝利で帰還することを、勝てなくても参集する1万のサポとともに信じて応援してます。 

投稿者: lumnesk (2007/05/20 11:37:23)

はじめましてこんにちは。
豪雨の中観戦お疲れ様でした。

羽生さんは大事に至らなくて本当に良かったですね。
ただ勇人の怪我とあわせて本当に気になります。
最近は試合のたびに怪我人が増えて心配でしょうがないです。

掲示板や携帯のサッカーサイトの掲示板では選手に対する酷評や他サポの「水野よこせ」的な書き込みが多くて頭にきます。
今はともかく選手を信頼して、最高の力が出せるようにサポートしていかないといけないと思います。

投稿者: さちぃ (2007/05/20 10:08:41)

コメントを書く